「ほっ」と。キャンペーン

パティス食の情報ページ

<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧




広尾にフランス総菜屋さん

広尾駅からナショナル麻布マーケットに向かう途中、
突き当たりにブーランジェリー「ブルディガラ」があります。
左へ行くとナショナルマーケット。
右へ折れると、フランス大使館があり、明治通りへ抜けられます。

そのフランス大使館の手前に、
いかにもフランス系の素敵なショップがあります。
奥の方には、生ハムスライサーが…
c0194011_14544092.jpg


今年7月にオープンしたフレンチお惣菜屋さん、
『トレトゥール トロワ コション』です。
c0194011_14523951.jpg

c0194011_1453315.jpg



パテやテリーヌ、まる鶏ローストやキッシュ、サラダなど
フランスの代表的なビストロ料理が並んでいます。
c0194011_155559.jpg

c0194011_1554782.jpg

c0194011_156303.jpg


シュークルートもあります。もちろん鴨のコンフィも…

うきうき(ウハウハ)しながら、
今回のところは、とりあえず、
マリネやらパテ・ド・カンパーニュ、
テッド・ド・フロマージュ(豚足とか、耳のゼリー寄せ)などを
いただきました。
テイクアウトのみですので、
途中、アルザスワインを仕入れて、夜更けのラパタイム。

パテには、マスタードをたっぷり付け、
ワインで流し込む…なんと幸せな。
c0194011_1595393.jpg


『トレトゥール トロワ コション』
■住所 東京都港区南麻布4-5-55

■電話 03-6450-3968
■営業 10:00~20:00
月曜定休 →http://www.troiscochons.jp/


■協会ホームページ→こちらへ
■明日の講座予定は→今月のスケジュールへ
■今日はこんな講座がありました→講座リポートへ
______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-31 15:10 | ニュース

カカオバリーのチョコレート

c0194011_115432.jpg

カカオバリーは、世界で最大のチョコレートメーカーです。
最大ならではの強み、
世界のいろいろなカカオ産地の豆を集められることを生かし、
産地限定豆のチョコレートシリーズが人気です。
c0194011_1194497.jpg

c0194011_1202915.jpg


輸入元の日仏商事さんにて、
カカオバリーのデモンストレーター、
ブルーノ氏のデモがありました。
c0194011_1224058.jpg

c0194011_1245514.jpg

c0194011_1255510.jpg

c0194011_1263832.jpg


c0194011_136065.jpg

c0194011_1363384.jpg

「コンディトライ ニシキヤ」の西田シェフや
「ANAケータリング」高橋シェフもいらしてました。



______________

■協会ホームページ→こちらへ
■明日の講座予定は→今月のスケジュールへ
■今日はこんな講座がありました→講座リポートへ
______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-29 01:23 | 今日のできごと

ノリエットさんの近くは…

11月末日、T.FOODS.COM(東名食品)さん主催の
クリスマス講習会があります。
講師は「ビゴの店」藤森シェフ。
シュトーレンほか、
クリスマスのパン菓子を教えていただくそうです。
パンの醗酵時間には、
パティスリー「1904」のマダム、落合さんが
ラッピングを教えてくれるという、豪華な内容。

参加募集は、T.FOODS.COM(東名食品)のwebページにて
近日中にご案内が出るそうですので、ご確認下さい。
http://www.tfoods.com/
c0194011_13372813.gif


そのお手伝いをさせていただくため、
東名食品さんへお伺いしました。
会社が八幡山にありますので、
帰り道の途中は、下高井戸へ寄るのが決まりになっています。
まず、パティスリー「ノリエット」さんで、お菓子とお茶を。

「ノリエット」さん、
いつもお店に、お菓子に活力があって、うきうきします。
c0194011_13214951.jpg

c0194011_1322296.jpg


そして、下高井戸でのもうひとつのお楽しみは、
お魚、お野菜、揚げたてメンチカツ…!
てんこもりのお買い物です。
駅前の市場みたいな商店街がとっても魅力的。
c0194011_1324339.jpg

「ノリエット」さんのお菓子を右手に、
市場で買った食材を左手に…毎回、手がちぎれそうです。

______________

■協会ホームページ→こちらへ
■明日の講座予定は→今月のスケジュールへ
■今日はこんな講座がありました→講座リポートへ
______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-27 13:26 | 今日のできごと

レーズンでエネルギー/カリフォルニア・レーズン協会

c0194011_20375169.jpg

写真上のブドウが、
写真下の干しブドウ、ドライレーズンになります。
カリフォルニアのレーズンです。

ドライレーズンは、
葡萄パンやフルーツケーキの具材としては馴染み深いのですが、
単体で食べる機会は、意外と少ないかもしれません。

ところが、とってもすぐれもの。
フルマラソンの途中、エネルギー補給エリアに、
カリフォルニアのドライレーズンが置かれているそうです。

食べた瞬間に、エネルギーになる、
即効性ある食品として、ランナーたちに注目されています。
c0194011_20475323.jpg

カリフォルニア・レーズン協会のマーケティングリポート会議で、
坂本雄次氏(株式会社ランナーズ・ウエルネス代表)より、
エネルギー源としてのドライレーズンについてお話がありました。
坂本氏は、「100kmウルトラマラソン」などをはじめとした
マランソンの大会やイベント中で、
ドライレーズンを食べることを取り入れています。

また、スポーツ時には、もちろん、
離乳食に積極的にドライレーズンを取り入れよう! と提唱。
ドライレーズンは、
糖質、ミネラルを多く含む優良食品だそうです。

カリフォルニア・レーズンについては→カリフォルニア・レーズン協会へa href=http://www.raisins-jp.org/


______________

■協会ホームページ→こちらへ
■明日の講座予定は→今月のスケジュールへ
■今日はこんな講座がありました→講座リポートへ
______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-23 21:08 | ニュース

味覚の授業を実際に

日本でも本格スタートすることになった「味覚の一週間」。
その軸となるのが、子供たちへの「味覚の授業」です。

対象は、小学校3〜4年生。
料理のプロフェッシェナルたちがボランティアで講師をつとめ、
小学校へ出向き、味覚が発達する時期にある子供たちに
味の基本を教える授業を行います。

アン=ソフィー・ピックシェフが内坂芳美先生とともに、
フランスで行っている「味覚の授業」を再現。
日本の子供たちは、フランスの味に触れ、
戸惑いながらも、大はしゃぎ、大喜びでした。
フォワグラのブリュレなども味わったのです。
                                               <会場:服部栄養専門学校>
c0194011_10211981.jpg

c0194011_1028022.jpg

目の前でメレンゲを作り、子供たちが手伝いながら、
出来合ったものを「みんなで、おいしくいただく」を体験。
c0194011_1029519.jpg

c0194011_10301511.jpg

c0194011_10305192.jpg

c0194011_10312098.jpg

最後は、参加した子供たちにディプロマが授与されました。

来年10月に向け、さまざまな取り組みがスタートします。
随時、リポートでご案内いたします。


______________

■協会ホームページ→こちらへ
■明日の講座予定は→今月のスケジュールへ
■今日はこんな講座がありました→講座リポートへ
______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-21 10:34 | ニュース

味覚の一週間

美食の国・フランスで21年前にスタートした
国民的な食のイベント「味覚の一週間」が日本でも本格スタート。
c0194011_2471262.jpg

「味覚の一週間」は、
毎年10月の第3週に行われ、この期間、
フランス各地で、食に関するイベントが開催されています。

例えば、
プロのシェフや食材生産者が小学校へ出向き、
子供たちに食べることの楽しさや大切さ、
味の基本を教える「味覚の授業」を行ったり、
レストランでは、特別なメニューを発表、
学生には割り引き価格を設定しています。

「味覚の一週間」の背景にあるのは、
食に対する意識が低下し、
これは大変なことになる…という危機感です。

そこで、フランスの文化遺産というべき、
フランス料理やレストランの価値を守るため、
国が立ち上がりました。

「味覚の一週間」は、年々、盛り上がりを見せ、
フランス首都圏の98%の教育機関が「味覚の授業」を支持し、
多くのレストランが参加、数百にも及ぶシンポジウムや
ワークショップが開かれるようになっています。

この「味覚の一週間」が日本でも大規模に開始されます。

大使として招かれたのは、アン=ソフィー・ピックさん。
南仏の三ツ星レストラン「ラ・メゾン・ピック」のオーナー、
親子3代三ツ星シェフという有名シェフです。
c0194011_248014.jpg


日本サイドは、もちろん、内坂芳美先生。
10年前から、
日本の小学校で「味覚の授業」を行っておられます。
c0194011_255950.jpg

c0194011_2464682.jpg

服部先生、三國シェフと一緒に手弁当で続けてこられた活動に、
日本でも多くのシェフやボランティア講師が賛同し、
小学校へ出向いてき、たくさんの子供たちと接してきました。
いよいよ、本格始動!
日本の流儀を取り入れた、
日本らしい「味覚の一週間」が立ち上がります。
c0194011_312391.jpg

<呼びかけ人>
磯村尚徳:いそむらひさのり氏
服部幸應:はっとりゆきお氏
三國清三:みくにきよみ氏
内坂芳美:うちさかよしみ氏

<今後の活動>
次世代を担う子供たちへの「味覚の授業」を中心軸に、
フランス料理だけでなく、
伝統的な日本料理の味わいやマナーに触れる機会を
子供たちに与える活動を展開し、
レストランや日本料理店と「味覚の食卓」を開催。
食の喜びを体験できる食イベント「味覚のアトリエ」を2011年より行っていく。

<日本事務局>
株式会社 ヴィジョン・エイ
03−3402−5616

______________
■協会ホームページ→こちらへ
■明日の講座予定は→今月のスケジュールへ
■今日はこんな講座がありました→講座リポートへ
______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-20 01:42 | ニュース

パティスリー「ラ・ノブティック」オープン

c0194011_1572685.jpg

10月28日(木)!
もと明治記念館の日高シェフがご自身のお店
「パティスリー・ラ・ノブティック」をオープンします。

以下、プレオープンニングパーティの様子です。
c0194011_155281.jpg

c0194011_1553133.jpg

c0194011_1582839.jpg


たくさんのシェフや業者さんがお祝いに…
c0194011_1591658.jpg

c0194011_2165849.jpg

c0194011_215357.jpg


お料理の素晴らしかったこと! 
c0194011_225388.jpg

c0194011_231880.jpg


日高シェフとお付き合いの長い、
「スリジェ」豊島シェフによる、お料理なのでした。
お祝いに伺ったんだか、お料理いただきに上がったんだか…。
c0194011_26432.jpg

そもそも、日高シェフは、
豊島シェフのご紹介でお知り合いになったのでした。

「パティスリー・ラ・ノブティック」
■住所:板橋区常盤台2−6−2
■電話:03−5918−9454
■アクセス:東武東上線ときわ台駅:北口すぐ
■定休:水曜日

オープンしたら、
あらためて、お菓子リポートいたします!

______________

■協会ホームページ→こちらへ
■明日の講座予定は→今月のスケジュールへ
■今日はこんな講座がありました→講座リポートへ
______________

パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-19 01:56 | ニュース

ビゴ藤森シェフのパン×パティス特製大人のジャム

c0194011_11522646.jpg


c0194011_11555113.jpg

c0194011_11551128.jpg

「ビゴの店」一番人気ロングセラーの「パン・オ・ルヴァン」と
藤森シェフおすすめ「セーグル・オーヴェルニュ」です。

「ビゴの店」には、
いろいろなタイプのパンがありますが、
上記のパンたちは、焼きたてすぐよりも、ちょっと置いてから、
滋味深さが出てきてからいただく方がおいしいパンです。

そんな熟成型のパンに合う特製ジャムを
長野「はなのみ」さんが作ってくれました。
信州ですから、素材はリンゴです。

そこで、マリアージュ。
リンゴに合うものといえば、
c0194011_11573938.jpg

マラスキーノ!

マラスキーノは、イタリアの、チェリーのお酒。
リンゴとよく合うのです。※マラスキーノについては→ドーバー洋酒

c0194011_1202528.jpg

TFOODS.COM(東名食品)さんが
「ビゴの店」のパンと特製ジャムを結び付けてくれました!

c0194011_11522646.jpg

パンとジャムをセットにしてお届けします。

 ■発送日 10月28日(木)発送
 ■お値段 3990円(送料、税込)
 ■詳細・お申し込みは→TFOODS.COM(東名食品)
c0194011_123675.gif


いろいろなパンと、ジャム、そしてパンの読み物も付いてますよ!

______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-14 12:05 | ニュース

おもてなしの紙器「WASARA」

美しい流麗なフォルム、
手にとると、その質感に驚くでしょう。
「WASARA」は、たった一度しか使えない、紙の器です。
c0194011_23551985.jpg
c0194011_23554638.jpg






お料理を引き立て、
おもてなしの心を表現してくれる器。
日本人の感性に訴える和のテイストながら、
洋風のお料理、中国料理、そしてお菓子にも合うから不思議です。
c0194011_23561180.jpg

お皿、器、カップ…大きさの種類もいろいろです。

心を潤す、紙の器「WASARA」→
http://www.wasara.jp/index.html


ちょっと気の早いお話ですが、
パティス・インストラクタークラブの皆さま限定で、
フレンチおせちの先取り、予習会を行います。
「WASARA」のお皿でお楽しみ下さい。

■日 程:10月26日(火)13:30~15:30
■参加対象:パティス・インストラクタークラブの皆様
■募集人数:若干名
■参加費:3000円
■会 場:パティス
______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-09 01:07 | ニュース

ラングドック・ルーションのワイン

ノムリエです!
とばかり、言っていられませんので、
時には勉強と、ワインセミナーに参加し、
「ラングドック・ルーションのワイン」を学びました。
c0194011_1501241.jpg


フランスワインといえば、
懐があたたかい時のブルゴーニュやボルドー、
ガバっと飲みたいコート・ド・ローヌ、たまにロワール、
白ワインなら断然、アルザス、
あとは、季節のよい時に飲むプロヴァンスのロゼ…

その程度のイメージで、
南仏ラングドック地方ものにあまり手がのびなかったのですが…

実は、ラングドックは
フランス最大規模のワイン産地、生産量ナンバーワン!
と、知りびっくり。

でも、おもろしいのは、
金額ベースでは第2位というところ。

c0194011_15142718.jpg

c0194011_15165264.jpg

目の前に並べられたグラスに、
次々にワインがサービスされました。
白・2種類、赤・10種類、計12杯!



商談会を兼ねたセミナーだったので、
いろいろな業者さんがブース出展していました。
いつもお世話になっている、
日仏商事さんもワインを扱っておられます。
c0194011_15231288.jpg

ワイン担当、ソムリエ資格も持っている、
ちょっと徳永英明な庄本さん。

c0194011_15384485.jpg

c0194011_15413663.gif

日仏商事 http://www.nichifutsu.co.jp/

日仏商事さんの今回のウリは、
ペットボトル入りのワイン。
軽くて、ゴミ処理もしやすいので便利です。
そのうえ、オーガニック。
c0194011_15452689.jpg



ラングドックでは、
有機栽培へ転向するワイン生産者が
とても多くなっているそうです。

______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by patis-report | 2010-10-08 15:30 | 今日のできごと

パティス食のニュース
by patis-report
プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧